美しい言葉遣いを心がけよう

トップページ > 女子力アップの秘訣はこれ! > 美しい言葉遣いを心がけよう

美しい言葉遣いで魅力をアップ

美しい言葉遣いは、女性の魅力を高めてくれます。視覚からの情報ほどではありませんが、聴覚からの情報も印象を大きく左右する要因の一つです。丁寧に話をすることで、上品なイメージを与えることが出来ます。

丁寧な言葉遣いに見せるために『美化語』を使うと良いでしょう。簡単に言葉が丁寧になり、可愛い印象を与えることが出来ます。美化語というのは、基本的に名詞の前に「お」や「ご」を付けるだけ。例えば、お酒、お魚、ご連絡、ご挨拶です。

また、美化語は言い換える形もあります。「うまい」は「おいしい」、「めし」は「ごはん」、「腹」は「おなか」などです。美化語の方が女性らしいのは明らか。たとえ気を許した人との会話でも、丁寧な言葉遣いをした方がいいでしょう。普段から雑な言葉遣いをしていると、それが不意に出てしまうことがあるからです。

若者言葉からの脱却

普段から若者言葉を使っている人は、もしかしたら損をしているかもしれません。「ヤバイ、これマジうめぇ~」というよく聞く言葉も、男性からしてみれば上品さや可愛らしさが欠けた表現です。

また、「ウザい」「ムカつく」という言葉は、上品さがない上にネガティブな表現。これらを連発しているようなら、注意が必要です。周りの人が離れていってしまうかもしれません。

男友達のように気楽に付き合える女性が好きという男性もいるかもしれませんが、多くの男性は可愛らしい女性を好みます。たった一言でもドン引きされてしまう言葉もあるので、普段から美しい言葉遣いを心がけましょう。