女子力って実は結構あいまいな言葉

『女子力』という言葉が市民権を得て久しいですが、その定義は突き詰めてみると人それぞれ違っていますよね。メイク1つ取っても「ナチュラルメイクこそ女子力が高いメイクだよね」と思う人もいれば「いやいやバッチリメイクで決めた方が高いでしょ」と感じる人もいます。

あらゆるシーンで多用されるようになったこの言葉ですが、実はその意味結構あいまいなのです。言葉自体を好意的に受け止めている人もいれば、否定的に捉えている人もいるでしょう。だからこそ女子力というあいまいな概念は、自分自身が良いものだと思えば良いものとなり、良くないものだと感じれば良くないものとなるのです。

しかし、自らの意思で「女子力を高めたい!」と願う女性がいるのも事実ですよね。この場合、当人の中でこの言葉は肯定的な意味で使われているハズ。
当サイトは、この言葉を好意的に捉えて自分自身の糧の1つとして取り入れたい、もっと高めたいと考える女性に向けたコンテンツを取り揃えています。
そもそもこの言葉をどう捉えるべきかと悩んでいるのであれば、当サイトが定義している『女子力』を考え方の1つとしてみるのはどうでしょうか。納得できるものがあれば、あなたの中の女子力という概念の要素の1つとしてみてください。
その上で女子力アップを目指したいと思ったなら、その秘訣もご紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。
まずは今現在のあなたの女子力がどれくらいなのかをチェックしてみるのもオススメです!

女子力の捉え方には男女差が!

人によって異なる『女子力』の定義。ちょっと俯瞰的に見てみると、男女の間でも受け取り方に違いがあることが分かります。
一般的に女性が思う女子力は『気遣い上手』であり、男性が思う女子力は『フェミニン感』なのです。

例えば、気遣いが出来る行動として定番中の定番とも言える【飲み会の席で料理を取り分ける】【おしぼりを分配する】といった行動がサッとできる女性は女子力が高いと思いませんか?気が利く言動ができる女性は、同性視点から見ても女性らしくて素敵だと感じますよね。意識すれば実践するチャンスに恵まれやすいこともあり、女子力アップの第一歩として実際に行動に移してみた人も多いでしょう。

一方、男性から見た女子力の高い女性とは、第一に【見た目が女性らしい】ということ。ふんわりとしたメイク、柔らかい印象の服装、キメの細かい肌など、容姿の可愛らしさに女性らしさを感じる男性が多いのです。とは言え、この感覚は女性も理解できるのではないでしょうか。フワウワとした雰囲気の女性を見ると、女子力高いなあと思ったりしますよね。

ただ、ココで注意点!女子力の高さと個人の好みは別ベクトルであることを忘れないようにしましょう。
女子力を感じる見た目となるとやはりフェミニンな雰囲気に軍配が上がるのは事実ですが、ボーイッシュな女性が好みの男性もいればクール系の女性に好意を抱く男性もいるのです。もしもあなたに想い人がいて振り向いてもらうために女子力を高めたいと考えているなら、まずは何よりも相手の好みを探ることが大切ですよ。

女子力だと思っていたアレコレ…実は人間力だった?

女子力』は『人間力』に通じる部分が多いです。
最近『女子力男子』と呼ばれる男性が増えていることは知っていますか?これは見たままの言葉通り、女子力が高い男子のことを示しています。
例えば思考や振る舞い、生活スタイルや服装など、どこかしら女性らしいと感じる一面を持っている男性に心当たりがある人も少なくないでしょう。定番どころで言うと、【料理ができる】【キレイ好き】【裁縫ができる】といった男性は女子力が高いと評されることが多いです。中には、やることなすこと自分より女子力高い!と感じる男性も時々いますよね。

しかし、これらの条件はよく考えてみると、女性らしいとか男性らしいといった枠にはめる前に、人間としての生活力に通じると思いませんか?
いつもコンビニ弁当で済ましたり、部屋が汚れていたりすると、心身共に不健康になってしまう可能性があります。取れたボタンを付け直せないと、ボタンが1つ取れただけでも毎回服を買い替えるといったような、ちょっとしたセレブのような状況に追い込まれてしまいますよね。

私たちが『女子力』だと思っている行動や生活スタイルの中には、実は『人間力』と言った方が正しいかもしれないものが意外と多くあるのです。
女子力アップを目指すなら、まずは人間力に通じることから始めてみるのもオススメです。生活する上で役立つスキルを高めておくことは決して損はしないので、モチベーション的にも着手しやすいでしょう。

因みに、具体的な女子力男子については当サイトでもご紹介しています。人間力とはまた違う、これぞ女子力男子!といった特徴を自分自身と比べてみるのも結構楽しいですよ。